循環型フードアップサイクル
「サステナフード」事業​

 

農林水産省の統計(平成30年)によると、

日本の食品廃棄物等の発生量は年間約2500万トン、

このうちまだ食べられるとされる

食品ロス発生量は年間約600万トン。

これは国民1人当たり、

1日茶碗約1杯分(140g)の計算になります。※

​一方で、日本の食料自給率は

38%(カロリーベース)ともいわれ、

60%近くの食材を輸入に頼っています。※

食品廃棄物の燃焼時、

および長距離の輸送時に排出される二酸化炭素は、

地球温暖化の要因ともなっています。

こうした一連の社会課題を、

コールドチェーン(低温物流)をはじめとする

最新のロジスティックス技術で解決したいーーー。

食材の輸送にとどまらず、それらを

「美味しく、健康的な食事」に生まれ変わらせ、

サステナブルなフードにしたいーーー。

そうした思いで、2021年、

LOGIIPのサステナフード事業は立ち上がりました。

サステナフード事業は、

コールドチェーンをはじめとする

最新ロジスティックス技術と、

著名フランス系レストラン格付け機関公認シェフなど、

各界一流のシェフとの連携を強みとしています。

日本各地の未活用・未流通の食材の調達、

食品の製造輸送、販売先やシェフ紹介等を担うことで、

フードサプライチェーン全体に関わる課題を

一気通貫で解決します。

,また、一流シェフの腕により

「美味しく、健康的」にしあげた料理を

日本全国そして世界各国へと広く提供しております。

地域で出た未活用・未流通食材を、

地域に住むすべての方に召し上がっていただくことで、

「地産地消」「循環型の食に関する仕組み」

「美味しく、 健康な食文化」が実現されます。

​2021年10月現在、

サステナフード事業は日本各地で複数の

循環型フードアップサイクルプロジェクトを推進。

今後もその数を拡大していく予定です。

各プロジェクトを通じ、会社のビジョン

「世界の食と地球環境を良くすることで、

今だけでなく、子、孫世代の100年後の

人類の幸福度アップに貢献する。」

を目指してまいります。

出典 我が国の食品廃棄物等及び食品ロスの発生量の推計値(農林水産省、平成30年度)

   サステナブルな食に関する環境省の取組について(環境省、令和3年)

Copyright © 2020 LOGIIP JAPAN Co.,Ltd. All Rights Reserved.