​サステナフードプロジェクト事例

​Sustain Food Project

一流シェフによる
フードアップサイクルプロジェクト

著名フランス系レストラン格付け機関公認の

三浦雄太シェフをはじめとし、

各界の一流シェフが腕をふるう

循環型フードアップサイクルプロジェクト。

シェフみずから、日本各地の未活用・未流通食材の

メニュー開発・監修・調理を担当します。

フードロスにまつわる社会課題を解決をしながら、

「美味しく、健康的な食事」のご提供をいたします。

第1弾として、シェフ自身が調理したコース料理を

高性能急速冷凍機で凍結し、

お客様のもとへEコマースで販売予定です。

獣害ジビエ活用プロジェクト

近年、シカやイノシシ等害獣の増加が深刻化しており、

年間約135万頭が駆除されています。

しかし、ジビエ肉としての活用は10%にも届きません※。

サステナフードでは、ジビエ解体処理業者と協働し

ジビエの活用を進めております。

トレーサビリティによる個体認証システム、

高度な脱臭・殺菌・滅菌システム、

高性能急速冷凍による鮮度保持システムといった

安全安心への取り組みはもちろんのこと、

販売先のご提案やブランディングまで一気通貫で承ります。

(比較写真:上段・弊社技術による急速冷凍凍結、

下段・通常の冷凍凍結)

​第1弾として、湘南じびえと協働しております。

※出典:捕獲鳥獣のジビエ利用を 巡る最近の状況

(農林水産省。2021年10月)

Coming soon from CHIBA…

Copyright © 2020 LOGIIP JAPAN Co.,Ltd. All Rights Reserved.